本文へスキップ

中古車業界のプロの為の、カークリーニング/補修用品の研究、開発、製造、販売

電話でのお問い合わせは042-797-3886


ガラスクリーニングをやられているプロの方なら、お客様に説明するケースが多くあるでしょう。そこで、このページではガラス面に発生するワイパーの跡についての知識と対処方法、正しい道具の選定方法をお話したいと思います。プロの皆様の作業効率向上、客先での説明等のお役に立てれば幸いです。
●発生原因
そもそもワイパー跡はどうして付いてしまうのか?何が原因なのか?こちらについてお話したいと思います。ワイパー跡は簡単に言えば水垢が原因です。ガラス面もボディー同様に水垢は付着します。その水垢が付着している部分と、そうでない部分との境目がワイパー跡となるのです。



ではなぜ境目ができるのか?簡単な事です。ワイパーが届く範囲はワイパーで拭いていますので、油膜程度は付着したとしても、常に拭いている状態のため水垢レベルの酷いものは付着しません。このワイパー跡つまりは水垢の境目は除去するのが困難で、お悩みの業者の方も多いかと思います。では、次はその除去方法についてお話したいと思います。

●除去方法


まず基本的な考え方はワイパー跡の原因でもある水垢を取り除くことです。しかし、この水垢は頑固にこびり付いており、ちょっとやそっとでは除去できません。液体のガラスクリーナー類を散布しても取れず、市販されている質の悪い(研磨力の弱い)うろこ落としを使っても取れない、なんてご経験もあるかと思います。かといって液体で溶かしてうろこを除去するタイプの物を使うとガラス面を溶かし過ぎて、凹凸の原因になり、水垢は取れても見る人が見れば判り、クレームになってしまいます。




そこで、当社アクスの商品でもあります新うろこ落としセットのオリジナルコンパウンドで除去してみる事にしました。このコンパウンドは実際にバスや電車等の頑固なガラス面の汚れ、うろこ等の除去しているガラスクリーニング専門業者が使用しているコンパウンドです。




新うろこ落としセットの作業と手順を同じ手順で、水垢の境界線だけでなく水垢が付着している部分全体を擦っていきます。境界線の部分だけ擦ればワイパー跡は消えるんじゃないの?とお思いの方もあるかもしれませんがそれは違います。それでは、ただ単に水垢が無い部分が広くなるだけで、また新しい境界線、つまりはワイパー跡が発生してしまうだけです。なので、水垢部分全体を擦っていきます。


●作業結果


写真ではわかりにくいかと思いますが、水垢部分の水垢が除去でき、作業を施した部分のワイパー跡は消えています。これを水垢部分全体に施していけばガラス面全体の水垢が取れ、ワイパー跡も消えます。
この水垢、ワイパー跡が取れるか取れないかがそのコンパウンドの性能と言ってもいいでしょう。液体ガラスクリーナーはもはや水垢取りには適していない(洗浄力が弱い)と言えます。では同じく液体で溶かす物はどうか?上記でもお話しましたがリスク、デメリットが大きすぎて、除去できたとしてもプロの仕事には成り得ません。市販されているコンパウンドはどうか?全商品を確認したわけではありませんが、中にはうろこ落とし用としては研磨力が弱いものもあるようです。このレベルでは水垢、つまりワイパー跡は取れません。アクスの新うろこ落としセットのコンパウンドはトップクラスの洗浄力の研磨力と、それに付随する安全性を持っています。ですので、リスクの無い最も安全で研磨力のあるコンパウンドがこれだと考えます。イコール最も作業が早い(早くワイパー跡を除去できる)のもこちらのコンパウンドかと思います。ガラスクリーニングを専門としているプロの業者と同じコンパウンド、この業者さんも色々なコンパウンドややり方を試したと言っていました。しかし、様々な要因を考慮し、最終的に辿り着いたのがこのコンパウンドだとの事でした。






●予防/対策


では、ワイパー跡/水垢を除去できた後はせっかく除去しても再び付着してしまっては意味がありません。自社の車を施工する方は保有している間はワイパー跡を再び付けるわけにはいきません。施工を商売としてお客様の車をクリーニングされている方は、付加価値としても成り得ます、ガラス面への保護をする必要があります。つまりは、コーティングや撥水といった物になります。




一口にコーティング、撥水と言っても様々な種類があります。一般ユーザーとは違い中古車業界のプロの皆様は、確実な効果と安全な作業、なにより作業時間=売り上げと言っていいほどに、作業を早く迅速に仕上げる必要があります。そこで、当社アクスがプロの皆様専用にご提案していますのが、下記アイテムになります。


ガラスコーティングα

ガラス面の油膜除去、撥水加工、保護コーティングが全てできる液剤です。塗り込んでいくとガラス面の油膜レベルの汚れが取れ、撥水がかかります。さらに、ガラス面に水垢やうろこ、ウォータースポット等の再付着を防止するコーティング被膜を形成することが出来ます。また、作業もフロントガラス1枚あたり、およそ7分程度で施工できるため、仕上がりまでがスムーズに行えます。



●まとめ


以上が、ガラス面のワイパー跡の原因、除去方法、対策です。原因はガラス面の水垢、除去方法は安全かつ確実なガラス専用コンパウンドを。また、せっかく除去したワイパー跡を再び発生させないためにも保護コーティングを施しておく。その作業は早く、ハイクォリティーな物にしなければプロの仕事には成り得ない、という内容でした。その為の道具は新うろこ落としセットガラスコーティングαをご紹介させていただきました。道具選びもプロの仕事です。一般ユーザーの作業とは異なり、洗車ではなく中古車商品化をするプロの皆様の為の商品でございます。

プロの皆様が自社の車にしても、お客様の車にしてもワイパー跡について知識をつけておく事は重要かと思います。発生原因と正しい除去方法、予防方法を頭に入れておき、この様なガラス面のワイパー跡のケースに即座に対応できる状態を整えていただけたらと思います。その為の、何かのお役に立てましたら当社の喜びであり、幸いでございます。



このページで使用するアイテム

  1. 新うろこ落としセット
  2. ガラスコーティングα

ご連絡先

業務用カークリーニング用品のアクス

〒194-0212
東京都町田市小山町179
TEL.042-797-3886
FAX.042-797-3352
info@axe123.co.jp